〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-16-13 エルニド1F TEL:03-5378-5830 初診・急患随時受付けております。新高円寺駅から徒歩2分

杉並区、新高円寺、内科、整形外科、皮膚科、小児科、リウマチ、アレルギー、ブロック、リラクゼーション

ブロック療法

新高円寺駅前クリニック オフィシャルサイトはこちら

Mobile Site
HOME»  ブロック療法

ブロック療法とは

痛みの原因

筋骨格系の痛みやしびれは筋性疼痛(凝り、突っ張り、こわばり、痙攣)から引き起こされます。その原因の多くは不意の外傷、過度な労働やスポーツ、姿勢や生活習慣、ストレスで増悪します。筋性疼痛が慢性化すると筋肉は硬く結節を作ります。そのために骨格に歪みが生じることがあります。脳は痛みに敏感になり、注意集中、習慣化が生じ、それによって易疲労感、冷感、強ばり、脱力、ふらつき、睡眠障害、乾燥、便秘、下痢、頻尿など自律神経症状を伴うようになります。

「痛みの悪循環を断ち切る」

生体においては、身体のどこかに何らかの痛み刺激が加わると交感神経中枢が興奮し、その結果末梢血管の収縮が起こります。そのことで局所の血流が減少し、局所は低酸素状態となりそこに発痛物質が産生されます。一度痛みが出ると、上記のようなサイクルを繰り返し、消えることなく痛みが続いていきます。これが「痛みの悪循環」です。

この悪循環を断ち切るためにブロック療法を用います。知覚や運動神経に影響を与えることなく血行を正常に戻すことにより神経を刺激する溜まっていた疼痛物質が徐々に取り除かれていき痛みのない状態へと戻っていくのです。さらに、神経ブロックには血行改善、ホルモン分泌改善、免疫機能改善などにより体の恒常性機能維持を高める、すなわち自然治癒力を促進する作用も有ります。

>>詳しくはこちら

ブロックの方法

注射後20から40分程度安静が必要なので、時間に余裕を持って受診してください。また神経ブロックには局所麻酔薬を用いるため、以前に何らかの薬剤や麻酔の注射等でショック症状やアレルギー反応が出た既往のある患者様は、必ずその旨をお申し出ください。

星状神経節ブロック

(頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、帯状疱疹 などによる上肢の疼痛、片頭痛、群発頭痛 などの頭頚部の疼痛、上肢の血行障害による冷感・しびれ など)
星状神経節は上半身の血行を司る交感神経が集中したものです。患者様に寝てもらい、喉の下に非常に細い針で(ほとんど痛みはありません)局所麻酔薬を注射します。コンパートメントブロックとして、星状神経節および頸部交感神経幹、交感神経の節前・節後繊維を遮断し、支配領域である頭頸部、顔面、上肢、上胸部に効果をもたらし、同部位の疼痛性疾患および末梢循環障害などに効果があります。これによりストレスによる交感神経の過緊張を取り去り、血行改善、消炎鎮痛、リラクゼーション効果、抑うつ改善効果を得ます。このように自律神経を安定させるSGBは、ストレス社会に悩む現代人に適応の多い治療法といえます。
また、免疫系のアンバランスを調整する作用を示すデータも蓄積されてきています。故田中角栄首相が顔面神経麻痺に罹ったとき、このブロックで治療して治癒したことは有名です。

>>詳しくはこちら

硬膜外ブロック

硬膜外ブロックとは、顔面を除き、ほぼ全身において必要とされる部位の除痛を選択的に得ることを目的としたブロック療法です。
この場所に局所麻酔薬と抗炎症薬を注入し、神経過敏の沈静と血行改善と神経の炎症を止めるのが硬膜外ブロックです。

腰部硬膜外ブロック
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症 などによる腰下肢痛
仙骨部硬膜外ブロック
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症 などによる腰下肢痛
頸部硬膜外ブロック
頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、帯状疱疹 などによる上肢の疼痛、片頭痛、群発頭痛 などの頭頚部の疼痛、上肢の血行障害による冷感・しびれ など

>>詳しくはこちら

神経ブロック

神経ブロックとは神経およびその周囲に局所麻酔薬を注入するブロック療法です。

後頭神経ブロック
筋緊張性頭痛
肩甲上神経ブロック
頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、肩関節周囲炎 など
正中神経ブロック
手根管症候群
傍脊椎神経ブロック
腰椎椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患では反射性(あるいは防御性)に傍脊柱筋の筋緊張が亢進します。そのような反射性筋緊張に対して行います。
肋間神経ブロック
肋間神経痛(肋間神経に沿った胸の痛み)
外側大腿皮神経ブロック
知覚異常性大腿痛(外側大腿皮神経が鼡径靭帯で圧迫を受け大腿部に疼痛や知覚鈍麻の生じる疾患)

>>詳しくはこちら

トリガーポイント注射

筋・筋膜性疼痛で、筋緊張部や筋膜に圧迫などの刺激により痛みが誘発される部位をトリガーポイントといい、そこにブロック注射を打ちます。

>>詳しくはこちら